白蟻の被害状況を調べるならオプションの調査サービスがおすすめ

白蟻の発生状況が分かる!無料調査で適切に駆除しよう

有料オプションを付帯することで精度の高い調査ができる

白蟻駆除を確実に行なうためには、高い技術や調査が必要になってきます。有料調査では、一体どんなことをするのでしょうか。

有料調査のサービス例

ターマトラック
白蟻の行動や調査を行なうことができるターマトラックは、電磁波を使って柱や壁などの内部に生息している白蟻を探知してくれる機器です。検出部を生息していそうな箇所に当てることで、白蟻の活動範囲まで読み取ることができます。木材は最大10㎝、コンクリートやモルタルは2㎝くらいの厚さまで探知することが可能です。また、投薬後や駆除した後の効果も検査器で判断できます。
基礎断熱調査
基礎断熱や外基礎断熱は、柔らかく暖かいので白蟻がかじりやすく、侵入しやすい経路です。モルタル仕上げになっているため、発見しにくいのも被害が広がる原因です。基礎断熱調査は、床下部分まで点検することもできるため、少なくとも5年に1度は白蟻の調査を行なっておくと良いでしょう。目視や打診では発見が困難な箇所も、高性能な機器を使用すれば発見でき、白蟻被害から守ることもできます。

白蟻駆除業者からの一言メモ

耐震強度も併せて調査できる場合があります(白蟻駆除業者)

有料調査によっては白蟻防除と併せて、一級建築士に住宅の調査を行なってもらうこともできますよ。白蟻の被害で、場合によっては柱や壁面の補強が必要になることもあります。素人の目から見てもわからない耐震強度の面も、建物の構造を熟知した建築士に診断してもらうことができたら安心ですよね。有料調査は、住宅全体の見直しまでできるチャンスだと思います。

無料調査の対応で優良業者を見極める

優良業者を見極めるには、どんなことが必要なのでしょうか。無料調査で判断できる業者の特徴とは、一体何でしょうか。

失敗のない白蟻駆除のために

pc

インターネットで安い業者を調べて依頼したら、親切なのは費用だけであとは期待外れというケースも多いでしょう。優良業者を見つけるためには費用だけでなく、事前調査やアフターサービスなどが充実しているかも重要です。せっかく駆除してもらったのに、数年後また白蟻が発生してしまうことがないよう品質保持が高く良心性のある業者を選ぶことが大切になります。

TOPボタン