被害状況が明らかになる白蟻調査は必須事項

白蟻の発生状況が分かる!無料調査で適切に駆除しよう

白蟻調査で何が分かるか

男女

白蟻で悩んでいる方、白蟻を見つけてしまい不安に感じている方はすぐに業者に依頼して調査してもらいましょう。今回は、そんな白蟻調査によって何が分かるのかご紹介します。

無料調査で調べられること

様々な白蟻駆除業者がいますが、ほとんどの業者は調査を無料で実施してくれます。そんな無料調査では、まず白蟻が存在するのかどうか、白蟻が作った蟻道はあるのか、家の柱などに食害が出ているかどうか、白華現象は起きているかどうかなどが分かります。白蟻の被害状況や被害箇所などを無料で調査してくれるので、まずは業者に相談をしてみると良いでしょう。

適切に駆除するためにも無料調査は必須

無料調査で被害状況が明らかになってくると、最適な駆除につなげることができます。そのため、調査は白蟻駆除を行なう上で重要なポイントになってくるのです。

白蟻調査で調べる箇所とは

白蟻調査は家全体を調べるのではなく、メインに調査を行なっておく箇所というものがあります。では、主にどこを調査していくのでしょうか?

調査箇所と調査方法

床下
まず、調べる箇所として挙げられるのは床下です。特別な建物の構造をしていなければ、床下に被害は及んでいないか点検を行なっていきます。床下の調査では、白蟻によって作られた蟻道・蟻土はないか、白蟻が食べた木くずゴミは落ちていないかを確認します。床下の調査では白蟻がいるかどうかだけではなく、床下の食害による被害がどこまで大きいのかも確認していきます。
住宅の外周
住宅の外周も重要です。住宅の外周に植木や廃材、木製のものが置かれていると白蟻がそこに生息している、もしくは既に食害に遭っている可能性が非常に高いです。特に住宅の外周は基本的に外なので白蟻が潜んでいる可能性は十分に考えられます。もちろん、外にいる白蟻が必ずしも住宅内に侵入するわけではないのですが、こちらの調査も重要です。
風呂場や玄関など
風呂場は、湿気が多いため白蟻が好む環境になりやすく、玄関は一番外と接する箇所が多いため、ここから侵入しているケースも多く見られます。小さくても穴が開いているという時は、白蟻が侵入している可能性が高いです。風呂場を見た時に腐食や水漏れなどが起きていることがありますが、基本的に白蟻は腐ってしまった木を食べることはありません。
その他
白蟻調査は発生しやすい箇所を見るだけではなく、白蟻を呼び寄せる湿気が高くないかどうかを調べます。湿度が65%以上だった場合、白蟻はもちろんですが、カビや他の害虫も呼びやすくなり、様々な被害が起きやすくなってしまいます。さらに、打診も行ないます。打診は、柱の中が空洞になっているかどうか調べる方法です。もし、白蟻が柱に侵入して木材を食べていると空洞ができてしまい、住宅が倒壊してしまう恐れがあるため、危険です。

その他白蟻被害が疑わしい箇所

作業員

上記のような箇所は、白蟻が好む場所なので必ず調査をします。しかし、他にも白蟻がいそうな場所であることや、白蟻による被害ではないかと疑わしい箇所があればそちらも調査対象になるのです。白蟻被害に遭っているかもしれない、白蟻が好む湿気が高い場所などは、事前に業者へ伝えておくとチェックしてくれます。

TOPボタン